• トップ

妊娠中の体は冷えやすい

妊娠すると冷え症になる!?

妊娠中の冷え症の原因とは

女性に多い困った症状の1つ、「冷え症」ですが、これは特に妊娠中に起こりやすいと言われています。もともと冷え症であった方が、妊娠を機に悪化してしまったり、冷え症ではなかった方が、妊娠により、冷えの症状を感じ始めてしまうということもあります。このようなことが起こる原因は、自律神経の乱れが大きく関係していると言われています。妊婦さんは自律神経が乱れやすく、その結果、血行が悪くなり冷えを感じやすくなるのです。また、お腹が大きくなったり、動きにくくなることで運動量が減ると、これも冷え症の原因になります。大きなお腹に圧迫されたり、運動する機会が減ると、血行が悪くなりやすいのですね。全身を巡り、熱を作りだしている血液の巡りが悪くなることが、冷えの大きな原因と言えます。さらに妊娠しているかどうかに関わらず、体を冷やす食べ物ばかり食べていたり、クーラーの効いた部屋で長時間過ごしたりしていると、これも冷え症の原因になります。冷えに対策していくためには、こういった原因を知り、無くしていく工夫が大切です。軽めの運動を取り入れるなどして、血行を良くする工夫をし、また極端に体を冷やさないように注意してきましょう。

↑PAGE TOP